CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Counter
Contact
RECOMMEND
カードキャプターさくら SET1 〈期間限定生産〉 [DVD] カードキャプターさくら SET2 〈期間限定生産〉 [DVD] こばと。限定版 第11巻 [DVD] from everywhere. You can’t catch me(初回限定盤)
CLAMP@MOBiLE


CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
JUGEM
<< コードギアス新プロジェクト |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
BLOOD-C
BLOOD-C映画に四月一日が出ていると聞きつけ、いそいでテレビ版全部片付けて見に行ってまいりました。
実はBLOOD-Cテレビ放映時、2話でもういいや・・・と思って視聴打ち切ってたんですよね。テレビ版は一気見しないと正直つらいと思う。だって10話ぐらいまで毎回毎回同じことしかやってないから・・・。これきちんと毎週見てた人はえらいと思うよ・・・。
で、まぁテレビ版で謎が残ってる感じだったので、やっぱり映画見に行くべきと行ってきました。結構お客さん入ってたのでびっくり。わりと人気作だったんですね。
映画自体はわりと良くできてました。絵がきれいだったし、ハラハラさせられる展開もあって十分楽しめました。水樹さんもとても好演してらっしゃいました。

では、もっともにょってるネタバレ感想は続きからどうぞ。
結局これって小夜、制服、刀、翼手(古きもの)っていうのさえあえばbloodシリーズってことなんですかね。ザラストヴァンパイアと関係あるのかな??と最後まで思ってた私が間違ってた。思い返してみるとラスヴァンとプラスもそないに関係なかった、うん。大川先生だし、なんかラスヴァンとつながってるんじゃね??とずっと思ってたのが本当に悪かったです。単体で楽しむものでした。それは反省しました。
そして四月一日も本当にゲスト出演ってだけですね。特にいなくても支障ないし、はっきりいってCLAMPファンへのサービスとみなしていいでしょう。CLAMPファン以外には大不評だった気はしますが、まぁ大川脚本だからしかたないです、はい。黒モコナのイラストも出てきたし、まぁ一種のカメオ出演ですな。
シリーズ・映画通してもっとも不満だったのが古きもののデザイン。映画の一番はじめに出てきた古きもの、あれは人間→古きもので元来のbloodシリーズの翼手と似たような感じですんなり受け入れられたんですけど、他の奇抜なデザインのものが・・・奇抜さばかり目立っちゃってこう倒してもおもしろくないというか・・・最後のやつなんてでかすぎです。刀一本じゃ無理ですと思っちゃうもんね・・・。プラスの小夜の血で翼手を倒すってのが好きだったので、ただ眼が赤くなるだけじゃちょっと物足りなかったです。
登場人物はみんなよかったなぁ。あの車いすの人が裏切るとは思ってなかったからびっくりした!組織の人たちもみんないい感じだった。結局文人さんは小夜を自分の手元に置いてかわいがりたかった(恋愛感情アリ?)ってことなのかな。文人さんのことはなんとなくわかるようなわからないような。結局小夜が何者なのか詳しく語られなかったので小夜自信に感情移入するのはむずかしかったな・・・。
あと気になったのは声優さん。いろいろ大人の事情があるのはわかる。貞子とかanotherとか角川関係で橋本さん使ってくれってことなんだろうけど、でも別にここまで大きい役じゃなくてもよかったんじゃ??と思ってしまう。すっごい下手というわけではないけど、水樹さんの相手役としては役不足だったと思う。
絵がすごくきれいだったのはよかった!冒頭のカーチェイスとかすごくよかった!瞳の描き方が美しかったし、映像に関しては文句なしです!さすがIGです!
結論としてはいろいろ期待しちゃうとがっかりって感じなのであまり期待せずに見るとそこそこ楽しめるというものかと。でもそもそも映画にする必要もない気が・・・。テレビ版もっと圧縮して映画をテレビ放送に組み込めばよかったのにと思いました。

P.S小夜にセーラー服渡したのはだれなの??それだけは謎だよね??四月一日が渡したんかな?
comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
- : -









この記事のトラックバックURL
http://tbk-ogawa.jugem.jp/trackback/1019